9月5日



いつものように8時IN
ナベで様子を見ながら、ポイントまで投げ歩く。
水が、急激に悪くなってる感じが見て取れる。
でも、小魚、コバス・チギルは、チラホラ見える。
まあ、25以上の魚は見えないが・・・。

とりあえず、実績上、トップの出易い所まで歩いて、ベビポGPに交代。

出ないまま、ひと流し終え、リターン。
ちょっと、釣れても困りそうな、モケモケゾーンの向こうや隙間を撃ってゆく。
実績場をちょっとシツコメに。
僅かに水を噛ませつつショートな首振りを数回、そして、ピタリとポーズ。
ちょんちょん、からの水を噛ませつつショートな首振り、そして、ピタリとポーズ。
上には出ずに、水面下にグボンッと吸い込まれるバイト!
デカイ!
合わせと共に巻きまくる。
ジジジっとアルデバランのドラグ音が聞こえ、ハンドルが空回り。
巻きつつ、耐えつつ、ドラグを締めて強引にでも浮かせに入る。

一瞬でも潜るチャンスを与えたら、藻に巻き付かれて終わる。
水面近くであっても、既にウィードにスタックしてて、際どい状態だ・・・。
巻きすぎず、ただ、テンションは目いっぱい。
魚が暴れた拍子にロッドの戻る力で魚が寄る感じ。

バレーヒルから、もうすぐ発売するブラックスケールのBKHC-611UL-MH。
柔らかいフィネスより述べイドロッドであるが、
対琵琶湖、オカッパリロッドなので、しっかり対応力、パワーは持たせてあります。
しなやかで曲がるロッドなので、ラインブレイクも減らせると思います。
そのしなやかなロッドを、スパイラルガイドにすることで、
しなやかで曲がるのに見事に魚を寄せてしまえる。
スパイラルガイドは、ホント、凄いですよ。
と、まあ、宣伝はそんなもんでw

ウィードを越え、手前に来たところで走り出す。
それもロッドが受け止めてくれる、走らせない。
ただ、このツッコミを止めているのは、ロッドのパワーではない。
リューギにお願いして作って頂いたピアストレブル♯10(太軸)のハンパない強さだ。
今年の春に、ニオノでメタルで3キロのバスを制したロッドとフックなので、
臆することなく勝負に出られた。
まあ、そうしないと獲れないし、そうして獲れなければ、
どうせ獲れない魚だったと経験上思う。

ランディングして、口の中見てビックリ。
ベビポGP、リアフック飛んでて、フロントフック1本掛かり・・・。



PE1.5号だったので、かなりのテンションで勝負に出てはいたが・・・。
スナップもこの通り、壊れて伸びかけてますしね・・・w


そして、実質1本でそれを耐えてたにもかかわらず、コレッポッチも伸びてない。
自信持ってはいるけど、圧巻ですな、これはw


53.5cm/2255g




■タックルデーター■
ロッド:バレーヒル・ディスタンスエディション611UL-MH 
「ONEJOY」(9月末発売予定)

リール:シマノ・アルデバランBFS XG

ライン:東レ・ルアーPE 1.5号

ルアー:バレーヒル×ラッキークラフト・ベビーポッパーGP


その後、30有無のコンディションのかなりイイヤツ追加。



帰り際に、お土産20有無を頂き終了。
ギルビッチは、通しで5枚ほど頂いたw

本日、苦手な大潮なんですが・・・。
まあ、釣れっときゃ、釣れますよ。ええ。
はははw

そして、今朝のゴミ!



2017,09,06, Wed 06:35
てんちょ日記
  PAGETOP