今朝は、ミツカン酢さんの機関紙「水の文化」という中の記事で「水と釣り人」的な特集?で
僕と「淡海を守る釣り人の会」さん(釣り人のゴミ拾い団体)さんが選ばれまして、その取材でした。

僕がゴミ拾いながら釣りしている理由や経緯は、昨日、お店でお話しして、本日は実釣です。
まあ、紙面に魚持った画像を出したいという、まあ、僕もそうですし、両者の思いですよね(笑)
記者さんも昔少し釣りしてた時期があるとかで、結構釣りする気満点で来られてましたけど、ソコは、まあ、内緒にしといて方が良いのかもしれませんw

で、6時着で開始したんですが、無反応・・・。
7時前に取材の方々が来られ、話しつつ釣りしますが、まーまー、厳しい・・・。
MY'sも早めに来ててノーバイト、なんとか粘って1尾は釣れたが、シブすぎるので帰ると言うほどシブい・・・w
ヤバいなーっと思いつつ、8時もしっかり過ぎたその時!
ズルズルっと動かして、シンカーがふっと軽くなり、ゴロタから落ちたかな?っと思い着底を待つが、着底しない・・・。
あれ?!っと思い大きく煽るが、テンションが掛からず、何も感じない。
んー・・・?
なんだこれ、もう一度大きめ煽り、僅かに生命感を感じた!
咥えて、コッチに来てるか浮き上がってる??
とりあえず、慌ててアワセる!
ノッタが・・・微妙な重さだ・・・と思いつつも、まあ、贅沢は言えない。
上がってくると、思いのほか小さい(笑)
37.5cm(エビシャのスカッパノン・キャロ)




記者の方々は、これでも大きく感じて頂けて、「おー!凄い凄い!」と喜んでおられましたが、琵琶湖バサーが春のこの時期にこれでは納得いかない。
なんとかサイズアップを・・・と、真面目に頑張る。



しかし、まあ、厳しいですから、ナンニモないまま、車の入れ替えを経て、再度気合い入れ直し。
まあ、気合い入れても釣れないもんは釣れないんですけどね。
ところがどっこい!
今朝は、ツイてました!
コチッっという小さなアタリから、ソロリと力なく持っていかれた。
アワセて、重さを感じる・・・まあ、悪くないが足りないだろうな・・・って感じ。
画になるかなと、ジャンプを2〜3度w
そして、スルリとランディング。
悪くはない・・・が、やっぱり足りないねw
50ギリギリギリで、1990g(エビシャのスカッパノン・キャロ)

もちろん、40無いので喜んでた取材陣なので、「でっか!w」ってな感じで大興奮。
まあ、キビシイ中のギリギリギリのキタコレ1発は、素直に嬉しかった。
足りないけども、ナイスプロポーションで、いい魚だった。



■タックルデータ■

ロッド:バレーヒル・ブラックスケールディスタンスエディションBKHC86xx

リール:シマノ・アンタレスHG (DRT/VARIALハンドル仕様)

ライン:バレーヒル・プロスペクトフロロ14lb

■キャロシステム■

よし屋式三又キャロワイヤー仕様・リーダー14lb (プロスペクトフロロ)

シンカー:ダミキJ・飛び抜けシンカー12号

フック:カツイチ・ハイパーミニ・#4


その後も、大潮のラッキーパンチを期待して1時間、ガチキャロ突っ込んだが、胡散臭いアタリをチロチロ受ける程度で持って行ってもらえず、終了・・・。

3日ほど前から、僅かですが、コアユがチラホラ見え出してます。
MY'sいわく、水温が1度くらい下がっているとのこと。
濁りは、基本、ボチボチで悪くない感じだが、時々、汚い濁りが入ってた。
流れで、ジワジワ入れ替わって行く感じです。





2018,04,16, Mon 19:45
てんちょ日記
  PAGETOP