今週は減水続きの一週間となりました。先週の土曜日、14日朝の水位はプラス34cm。全開放流が続いていましたが、昨日19日に150tまで下がり、20日朝の水位はマイナス14cm、この一週間で40cm下がった事になります。長く続いた全開放流ですが、プラス80cm近くあった時に比べ、今週の半ばは同じ全開放流でも水位が下がった影響もあって流れはかなり弱くなっていて、エリアによってはウィードが下流側に倒れている所、倒れていない所もありました。

この流れの変化の影響もあってか?今週の半ば頃から少し釣れるエリア・釣り方の傾向は変わりつつあります。全体的には引き続き簡単ではない状況が続いています。エリアだけで言うと木浜、赤野井、名鉄、下物、カネカ、六本柱周辺、貝捨て場、北山田など主要なエリアで釣果が出ていますが、どのエリアにも共通して言えることは、バイトが出るスポットが狭く、タイミングも短い事。さらに各エリアによってパンチショットはテキサスなどのボトムの釣り、ノーシンカーやスモラバ、ライトリグでのウィードトップの釣り、クランクやスピナーベイトなどの横の釣りと釣り方は様々。今はこの釣りが旬!という事はなく、各ガイドさんもそれぞれのスタイルに合ったエリア・釣り方で釣果を出しています。水面系の釣りは引き続き単発傾向。

南湖の表層水温は概ね30度を超え高い所では32度台まで上がっており、ずっと流れがあった事から水質は南湖南エリアの一部や各インサイド側を除き、南湖北エリアを中心にかなりクリアアップしています。この週末は放流量の変化がどう影響するのか?気になる所です。

北湖に関しては東岸のマイアミ〜牧などは水質が悪化しており、粉っぽい水となっているようです。釣果的にはマンメイドやロックエリア、魚礁など硬い物系で釣れていますが、徐々にディープでも釣れ始めているようです。



2018,07,20, Fri 11:17
釣果情報
この一週間は大雨から増水〜全開放流〜減水と、めまぐるしく状況が変わる一週間。9日月曜日の朝でプラス74cmだった水位は今日13日金曜日朝の時点でプラス43cmまで低下。最高水位はプラス77cmだったと思うので、今週で35cm近く下がった事になります。水温に関しては全開放流の影響で25度〜26度前後とあまり上昇していませんでしたが、ここ数日は真夏日が続いている事もあって表層水温は28度前後まで上がったエリアも増えてきました。


釣果的ににはかなり難しい週となっていて、各ガイドさんにお話を聞いていると「魚が浮いていてボトムの釣りで喰わない」という状況。かといって全開放流が続いている影響で南湖(特に沖)の水はかなりクリアアップしているので、巻物で簡単にバイトが出る状況でもありません。そんな中で比較的好調なのがノーシンカージャークや軽いラバージグを使ったウィードトップやそのチョイ上、チョイ中を意識した釣り。ウィードがかなり成長してきていると言っても。まだまだ最盛期のような密度では無く、カナダモ系もしっかりドームが形成されるほどではないので、ウィードエリアに関してはボトムよりは上を意識した釣りが良さそうです。またボディウォーターから外れた濁りの残るインサイドではマグナムクランクやスピナーベイトなど、ハードベイト系の釣りも釣れています。

この週末、釣果を優先するのであれば1つのエリアで色んなルアー・レンジをローテーションするよりも、ノーシンカージャークや軽いジグなど、ウィードトップを比較的スロー&リアクションで狙えるルアーに絞って、エリアをどんどん変えていく方が効率的かもしれません。エリアによってはハス、アユ、ブルーギルも多くいるので、その辺の反応もキーになりそうです。



2018,07,13, Fri 11:12
釣果情報
今週の琵琶湖は30度を超える日あったり大雨が降ったり夕立あたりと、天候的にかなり不安定な一週間でした。水温は南湖の沖に関しては24度前後から26度台である程度安定しています。ただ釣果的には不安定な状況が続き、ビッグフィッシュを連発している人もいれば、ノーフィッシュの人もいというかなりメリハリのついた感じになっています。

南湖は場所によってブルーギルが集まってギルバイトもそれなりにある・・・というエリアもあれば、ハスなどのベイトフィッシュが大量に入っているエリアもあり、そういうエリアを見つければ後はタイミング次第・・・という状況ですが、逆に言うとそういうエリアに出会えないと、ライトリグでスローな釣りをしてもバイトが無いという事になります。この流れは先週からあまり変わっていません。

人気エリアとしては西岸のチャンネルライン、チャンネルに隣接するカナダモ、六本柱南、下物浚渫などで、全体的にはスローな釣りの方が優勢ですが、ベイトフィッシュや濁り、タイミングなど上手くハマれば巻物でも釣れています。またスローな釣りといってもボトムべったりだと食わなかったりするようで、状況に応じてウィードトップなど少し上もチェックする必要があるようです。下物浚渫エリアに関してはかなりエビモも伸びてきていますが、まだ水面まで出るまではいっていません。



2018,07,01, Sun 15:15
釣果情報
この一週間の琵琶湖は週の半ばにまとまった雨が降り水位が最大で9cm上昇。それに伴い放流量も増加して状況がガラっと変わりました。本日22日現在の南湖は沖に関してはそれほど濁りの影響は無いものの、流入河川からの濁りで河口周辺は強く濁っている所もあります。また南エリアに関しては藻狩りの影響で濁りや浮き藻が漂っているようです。

雨と流れの影響で順調に上がっていた水温は今週はやや下降気味、釣果も釣れている人と釣れない人の差が激しく、全体的には下降気味。ライトリグやスローな釣りなら釣れる・・・という簡単な状況ではありません。ただ、シャローでのポッパーやフロッグなど水面系の釣りでも釣果が出始めており、沖はエビモを狙ったテキサスリグやパンチショット、カナダモ系エリアでは濁り次第でクランクベイト、スピナーベイトなどの巻物でも反応しています。明日23日はスッキリしない天気で最高気温も21度とあまり上がらないようなので、まだもう少し今の状況が続くかもしれません。



2018,06,22, Fri 14:26
釣果情報
今週の琵琶湖は水曜日にまとまった雨が降り、北湖の流入河川からはかなりの濁りが入りましたが、8日金曜日の時点の南湖は一部エリアで濁りはあるものの、それほど大きな影響はなく概ねクリアな状態です。下物浚渫エリアではエビモがかなり伸びてきて、今の透明度なら目視も可能です。まだ水面まで出てくるにはもうしばらく掛かりそうですが、放流量が下がってウィードが立てば更に見やすくなりそうです。

南湖の釣果の方は今まで好調だったカナダモ系に加えエビモでも釣れはじめており、テキサスリグやジグ、ノーシンカーなどの釣果をよく聞きます。カナダモエリアに関しては、テキサスリグやパンチショットで釣果が出ていますが、キャロやスプリットなど流して行く釣りの方が効率が良さそうです。表層水温が上がってきてサーモクラインが出来やすい状態になりつつあるので、今後は中層の釣りも楽しめそうです。



2018,06,08, Fri 17:06
釣果情報
  PAGETOP  BACK>>