この一週間の琵琶湖は20日月曜日の夕方から翌日21日朝にかけてまとまった雨が降り、琵琶湖の水位は8cm程度増えました。それに伴い各流入河川からは濁りが入り、河口周辺を中心に濁りが広がりました。また先週末から連日東寄りの強風が吹き、水温も場所によってはかなり下がったエリアもありましたが、雨が止んでからは初夏を思わせるような陽気が続き水温も急激に上がっています。24日朝9時点の水位は+7cm、瀬田川洗堰の放流量は36tです。

南湖の釣果に関しては引き続きジグヘッドやダウンショット、ライトキャロなどライトリグを中心としたボトム系の釣りが主流ですが、ショアライン沿いでは濁りの影響もあってクランクベイトやチャターベイト、スピナーベイトなど巻物からフロッグ、ポッパーなどトップ系の釣りでも反応が増えてきました。また北山田や浜大津、ディープホール周辺、貝捨て場など南湖南エリアでの釣果も以前よりは増えてきている印象です。

ウィードも極端に少ないとはいうものの、南湖西岸の2〜3.5mラインでは場所によってコカナダモも伸び始めていますし、ハードボトム絡みのエリアではエビモも徐々にではあるものの密度が濃くなりつつあります。そういうスポットは人気エリアのためプレッシャーも高いですが、狙うタイミングや天候によっては良い釣りができそうです。

北湖に関してはBRUSHが得ている情報ではなかなか厳しい状況が続いているようです。5月中旬の北湖でのビッグフィッシュ狙いはネストを含めたサイトフィッシングが有利になる事が多く、サイトフィッシングをしないガイドさんは南湖へ行ったり濁りが入ったタイミングで河川などでのカバー狙いをされる事が多いですが、サイトフィッシングをされるアングラー数名に話を聞くと、今年はいつものこの時期に比べてかなりバスが少ないという話を聞きます。これは今年の天候や水温変動による時期のズレなのか?そもそも状況が変わったのか?ハッキリした理由は解りません。

今週末は大津市の最高気温が33度など真夏日になる予報が出ています。琵琶湖に来られる際は熱中症対策、紫外線対策を万全に。また朝と日中の気温差が激しい時期でもあるので体調管理にはくれぐれもご注意を。



2019,05,24, Fri 09:45
釣果情報
この一週間の琵琶湖は初夏らしい陽気が続き水温も急上昇。シャローの一部では20度後半の場所もチラホラあります。ここ最近はまとまった雨が降らず水位はジワジワと低下して18日9時でプラスマイナス0cmとなっています。ただ田んぼからの濁りが定期的に入っているので一部でクリアアップしているものの南湖に関しては適度な濁りから激濁りまで場所によって様々です。放流量は45tです。


南湖の釣果に関しては上向き傾向で40cmクラスの釣果が上向き傾向です。シチュエーション的には水深3.5mより浅いフラットや浚渫の掘り残しのハンプなど、ハードボトムを絡めた釣りが中心で、ジグヘッドリグ、ライトキャロ、ダウンショット、ネコリグなどライトリグが有効。浚渫エリアのブレイクや伸び始めたウィードエリアなどではフリーリグ、テキサスリグなどでも釣果が出ています。基本的にはボトムの釣りが優勢ですが、タイミングによってはシャローでのチャターベイト、クランクベイト、スピナーベイト、トップ系ではポッパーやフロッグでも釣れ始めています。

引き続き烏丸半島沖は大人気エリアで平日でも船団ができていますが徐々に南エリアでも釣果が増えており、北山田や浜大津沖、貝捨て場、ディープホール周辺も上向き傾向です。あと西岸に関してはかなりウィードも生えてきているので、今後は30cmクラスの釣果も増えてきそうです。



2019,05,18, Sat 09:33
釣果情報
ゴールデンウィーク10連休真っ只中の一週間。初日の4月27日は爆風でまともに釣りが出来ない状態でしたが、それ以降は雨や風が強い日はあったものの、比較的釣りがしやすい日が続いています。雨の影響もあって水位は先週の金曜日から7cm上昇して今日3日の8時30分現在でプラス10cm、放流量は60tとなっています。各流入河川や水路からは田んぼの濁りが入っており、ショアライン沿いは場所によってしっかりと濁りが入っています。

南湖の釣果に関してはお世辞にも「良く釣れてます」とは言えない状況。そんな中でも釣る人は釣っているという感じで4インチクラスまでの小さめのワームを使ったライトキャロやダウンショット、ジグヘッド、ネコリグなどフィネスな釣りが中心です。シチュエーション的には3m前後までのハードボトムやウィード新芽エリア、地形変化などネストがありそうな場所をフィネスな釣りでドラッギング気味に流しながら広範囲を探っていって40cmクラスを中心に50cmクラスも混じるという感じです。フィネス系の釣りは好みもあるのでやならい人は絶対やならいかと思いますが、今の琵琶湖南湖で「バスを釣る」事を最優先すればこういう釣りが最も有効である意味状況に合ったストロングな釣りと言え、決してハードベイトやヘビーウエイトのルアー・リグだけがストロングな釣りではないと感じる一週間です。

連休前まではクリアアップに苦戦していたアングラーも多く、濁りが入れば巻物での釣果も増えてくるだろうと思っていましたが、いざ濁りが入ってもあまり状況は改善せず、引き続き巻物はよほど上手くエリア・タイミングが合わないと釣れても単発といった傾向です。

今日3日からは新月絡みの大潮となっており、もしかすると状況は一変して今まで反応が無かったエリアが良くなったり釣れていたエリアがダメになったりと大きく変化する可能性もあります。この春は下物浚渫エリアの北側、烏丸半島沖付近の人気が高く平日でも船団が出来ています。もしかすると今の南湖の中ではバスのストック量が一番多いのかもしれません。ただ仮にそのエリアに100匹のバスが居たとして100艇の船団で狙うのと、5匹しか居ないけどプレッシャーが無く1艇で狙えるエリアがあったとしたらどちらが良いのかは正直難しい所です。船団の中で釣りをしていれば周りが釣れているか釣れてないかの状況が分かるので判断材料にはなりますが、プレッシャーは高く身動きもしにくくなります。逆に1艇で浮いて釣りをしていたら自分の釣りが合っているのか?間違っているのか?の判断は難しくなりますが、その分エリアに対してのルアーローテーションやアプローチの方向などは身動きがしやすい分有利になります。船団の釣りでストレスを感じている人は、一度誰も居ないエリアで釣りをしてみるのも良いかもしれません。ただ「誰もいない=バスもいない」という可能性も大いにあります。笑



2019,05,03, Fri 09:18
釣果情報
この一週間の琵琶湖はようやく春らしい気温が続き水温も先週に比べて大幅に上昇しました。


2019/04/12(金)

[05:30]曇り/弱風
気温 6/小潮
水温 瀬田川 12.8
琵琶湖大橋 11.5
安曇川沖 9.4
5点平均水位 +3


2019/04/19(金)

[05:15]曇り/微風
気温 13/大潮
水温 瀬田川 15.1
琵琶湖大橋 13.7
安曇川沖 11.1
5点平均水位 +5


琵琶湖周辺の田んぼでは代掻きが始まっている所もあり、その影響で河川や水路周辺では濁りが発生している所もあります。ただ南湖全体的にはまだまだクリアな状況が続いています。水位は先週に比べて2cm上昇し、19日朝の時点でプラス5cm、放流量は45tです。

南湖の釣果としては【良いサイズを複数釣っているガイドさん、アングラーはいる】と前置きをした上で言うと今週は正直かなり難しい状況となっています。水温が上がり水位もプラスになりウィードの新芽も生え始めているという一見良さそうな条件が揃っているように感じますが、実際はバイト優先の食わせの釣りをしても少しでもスポット、タイミングがズレるとバイトが無いという感じです。

スタッフがロケで湖上に出ていて周囲に10艇以上のボートが浮いている状況で見ていてもロッドを曲げている人をほとんど見かけないという事もあります。水の透明度か?プレッシャーか?ウィードが無いからか?大潮だからか?ハッキリした原因は解りませんが少なくとも今週は18日の木曜日の時点ではかなり難しくなっています。ただ今日は大潮2日目という事でもしかすると魚が動いて今まで反応が無かったエリアに魚が入ってきたり、食い気が無かった魚が食うようになったりという可能性もあります。もちろん今まで釣れていたスポットが無反応になる事も・・・。

釣り方としてはボトム系が優勢でジグ、テキサス、フリーリグ、ダウンショットなど。巻物ではスイムジグやアラバマ系での釣果が目立っています。ただザックリやってバイトが多発するような簡単な状況ではないので魚探映像などを見て良さそうなスポットを絞ってルアーローテーションしつつ粘るか?自信のあるルアー・リグに絞って広範囲を探っていくか?どっちにしてもやりきった方が良さそうな感じがします。



2019,04,19, Fri 10:14
釣果情報
この一週間の琵琶湖も強風の日が多く出艇を中止にされたガイドさんも多くいました。さらにまとまった雨が降った日もあった事から水位は今日12日の10時30分時点でプラス4cm、先週に比べて5cm程度増えています。濁りも強風時の風下側や雨後の流入河川では一定の濁りは発生するものの、放流量がある程度あるので濁ってもすぐにクリアアップするという状況です。今日12日午前での放流量は40tです。


南湖の釣果に関しては引き続き下物浚渫エリアが一番人気、他は西岸の各ミオ筋や魚礁・沈船などの沈み物での釣果が目立ちますが、場所によってはウィードの新芽が生え始めている所もあり、そういう場所や隣接するハードボトムでも釣れています。ただやはり現状のウィードがほぼ無い状態では地形変化やマンメイドストラクチャー絡みの方が圧倒的に優勢である事は変わりません。

ルアー的にはボトムの釣りではラバージグ、テキサス、フリーリグ、ネコリグなどのライトリグ、巻物はボトム〜中層でのミドスト、スイムジグ、アラバマ系、濁りがあるスポットでのクランクなどです。下物浚渫エリアに関しては日によってハンプの上が良かったりブレイク下の深い側が良かったりとムラがありますが、魚のストック量としてはかなり多いようなので、あとはタイミング次第という状況のようです。

4月中旬になり気持ち的には春を意識してしまいますが、先週からの寒の戻りや連日の強風の影響で水温上昇が遅く、日中に少し上がっても夜に冷えて戻るの繰り返しです。ただ最低水温は確実に上がってきてるので今後に期待です。来週は週の後半から大潮になります。



2019,04,12, Fri 14:11
釣果情報