ちょっと実験です。

昨日から強い東風が吹き続いています。
一方向の風が吹き続くと風の影響で琵琶湖の水は一方向に寄せられるそうです。

*2018年9月の猛烈な台風の時は南風の影響で琵琶湖の水が北へ移動し、琵琶湖最南端の水位は1mほど下がったそうです。
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180908000033


本当は南風、北風の方が南北に長い琵琶湖の場合は風の影響を受けると思うんですが、東岸の港内が計測しやすいので野洲の吉川港の奥で計測してみます。
ここだと東風の時は波が出ないので、より正確に計測できるかと。

5月20日の午前7:20、琵琶湖の5点平均水位はマイナス1cm
その時点の水位をインシュロックでマーキングしてみました。




<結果>約24時間たった今朝は風がやんでいます。

昨日のマーキング水面から13.5cm上昇しています。

雨で琵琶湖の5点平均水位は昨日から6兢緇此

差し引きして、計測地点の水位は約7.5兢緇困靴泙靴拭




ということは、一昨日から昨日の夜にかけて吹き続けた強い東寄りの風で、琵琶湖東岸の水は大きく西に吹き寄せられ、計測地点の水位は大幅に下がっていたことになると思います。

それが、風がやんだことで揺り戻したわけですね。



<感想>
今回は計測の都合で東西で実験したわけですが、縦に長い南北だと、凄い差がでているんでしょうね。7cmというとわずかな数値のようにも思いますが、琵琶湖の中で動いている水の量でいうと膨大なものですよね!

実際に湖岸で仕事をしていたり、湖上で釣りをしていると琵琶湖の水の流れを良く感じるわけですが、雨や堰の放流量だけではなく、風も強く影響してるのですね。

2019,05,22, Wed 06:04
etc.
水草刈り取り予定 5/17版
https://www.pref.shiga.lg.jp/file/attachment/5110298.pdf



2019,05,18, Sat 09:47
etc.
ハイシーズンの週末やゴールデンウィークなどの大型連休時は多数のボートが湖上に浮き人気エリアともなれば多数のボートで大船団が形成されます。そこで気になるのがボート同士の距離感。マナー問題でいつも話題になる事ですが、単純に「最低○○メートルは離れましょう」といっても目印も何もない湖上では距離感なんて人それぞれです。また例え距離が近くても状況次第では問題がない事もあったりと、簡単にルール化できない問題ではあります。ではどうすれば良いのか?ハッキリいって相手に対しての思いやりと状況判断しかないと思います。

・どっちがその場所に先に入っていたのか?
・自分は(相手は)どっちの方向にキャストしているのか
・自分は(相手は)ボートをステイしているのか?流しているのか?
・自分は(相手は)どの方向にボート流しているのか?
・自分ではステイしているつもりでも風で流されているかもしれない
・相手が気付かずに流されてくるかもしれない


他にもいろんな要素はあると思いますが、共通しているのは自分の事だけではなく、相手の動きや距離感を見て、必要があれば声掛けしたり譲り合ったりの気持ちをもてばお互い悪い気持にはならないと思います。これからも多くのアングラーでに賑わう琵琶湖ではこういう問題は常にあり、琵琶湖経験の長いアングラーから初めてレンタルボート湖上に出るアングラーまで認識の度合いは様々です。今後も事故やトラブルが無く、楽しく釣りができる琵琶湖であってほしいですね。

これはボート同士だけの問題ではなく「ボートと陸っぱり」「陸っぱり同士」でも同じことなので、一度自分と相手との距離感を客観的に見つめ直してみるのもいいかもしれませんね。



2019,05,04, Sat 16:04
etc.
現在の琵琶湖は水の透明度が高く、どちらかと言えばボトム系の釣りが優勢。
と言う事で、琵琶湖の底をいくつか紹介。

※撮影は全て2019年1月〜3月

まず南湖で一番多いであろう泥底。主に湖流が当たりにくい場所やワンド内の止水域ではこんな感じが多いと思います。ボトムをズル引くようなアクションでほとんど何も感じないような場所はおそらくこんな底だと思います。







こちらは薄っすらとウィードが残る底。スイムジグなどを巻いて短いウィードがまとわりついてくるような所はこんな底かもしれません。



こちらは木浜沖にある廃棄されたエビかご。魚探ではオダっぽく映ったりもしますが、実際はこういう漁具などもいっぱいあるかと思います。



カネカワンド周辺のエリ跡。エリの杭は見当たりませんがロープなどはそのまま残っている所も多々あります。



続いて北湖、まずはロックエリア。撮影場所は北湖東岸の水ヶ浜周辺。長命寺から伊崎不動にかけての一帯は大小様々な岩が点在する場所。目で見えるレンジはもちろんですが、かなり深いレンジにも岩が点在しています。





こちらは漁礁。北湖では一般的な中空ブロックの漁礁(県漁礁)ではなく、テトラタイプのブロックが沈めてあります。



これは水通しの良い取水塔周辺。北湖の水通しが良いエリアはこのような砂地がベースの所が多いです。



2019,03,17, Sun 08:48
etc.
水草刈り取り予定表 2/14版

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/biwako/mizukusa/files/190214yotei.pdf



2019,02,18, Mon 11:11
etc.
  PAGETOP  BACK>>