この一週間の琵琶湖は20日月曜日の夕方から翌日21日朝にかけてまとまった雨が降り、琵琶湖の水位は8cm程度増えました。それに伴い各流入河川からは濁りが入り、河口周辺を中心に濁りが広がりました。また先週末から連日東寄りの強風が吹き、水温も場所によってはかなり下がったエリアもありましたが、雨が止んでからは初夏を思わせるような陽気が続き水温も急激に上がっています。24日朝9時点の水位は+7cm、瀬田川洗堰の放流量は36tです。

南湖の釣果に関しては引き続きジグヘッドやダウンショット、ライトキャロなどライトリグを中心としたボトム系の釣りが主流ですが、ショアライン沿いでは濁りの影響もあってクランクベイトやチャターベイト、スピナーベイトなど巻物からフロッグ、ポッパーなどトップ系の釣りでも反応が増えてきました。また北山田や浜大津、ディープホール周辺、貝捨て場など南湖南エリアでの釣果も以前よりは増えてきている印象です。

ウィードも極端に少ないとはいうものの、南湖西岸の2〜3.5mラインでは場所によってコカナダモも伸び始めていますし、ハードボトム絡みのエリアではエビモも徐々にではあるものの密度が濃くなりつつあります。そういうスポットは人気エリアのためプレッシャーも高いですが、狙うタイミングや天候によっては良い釣りができそうです。

北湖に関してはBRUSHが得ている情報ではなかなか厳しい状況が続いているようです。5月中旬の北湖でのビッグフィッシュ狙いはネストを含めたサイトフィッシングが有利になる事が多く、サイトフィッシングをしないガイドさんは南湖へ行ったり濁りが入ったタイミングで河川などでのカバー狙いをされる事が多いですが、サイトフィッシングをされるアングラー数名に話を聞くと、今年はいつものこの時期に比べてかなりバスが少ないという話を聞きます。これは今年の天候や水温変動による時期のズレなのか?そもそも状況が変わったのか?ハッキリした理由は解りません。

今週末は大津市の最高気温が33度など真夏日になる予報が出ています。琵琶湖に来られる際は熱中症対策、紫外線対策を万全に。また朝と日中の気温差が激しい時期でもあるので体調管理にはくれぐれもご注意を。



2019,05,24, Fri 09:45
釣果情報
  PAGETOP