この一週間は台風の影響で強風が吹いた日が多く、気温も下がった事から水温も軒並み低下。南湖では表層水温はピーク時よりも3〜4度下がったエリアが増えました。各ガイドさんとお話ししていると強風と水温低下の影響で南湖のウィードもカナダモ系を中心に徐々に減少していて、エリアによっては大幅に密度が薄くなったり背丈が低くなったりという所もあるようです。ウィードの状況が変わると今まで流れが当たってなかったスポットに水が当たり、それが冷たい水だとそのスポットのウィードが枯れて減少するという連鎖も重なり、今後は日を追うごとにウィードの状態は変化していきそうです。

この一週間は釣り方、エリア的には先週とそれほど変化はないものの、釣れるスポットや食わせ方に変化が出てきた一週間でした。

国保プロに聞いた話ではフラットウィードでの釣りを考えた場合、ウィードは日々減少しているので今後は環境的に良くなるスポットが増える事は無く、どんどんバスが入ってきて留まるスポットは減少するので、ウィードが枯れていく中でいかに残るスポットを追いかけられるかが釣果に繋がるとの事でした。ただこれにはウィードの他にも水温・濁り・ベイトフィッシュの存在も絡んでくるので、今日はB級スポットだった所が明日はA級スポットになる可能性もあれば、午前中はB級だったスポットがベイトフィッシュが入った事でA級に変わる可能性も十分あるので、一度入ってまったく反応が無かったエリアでも、天気や風など何かしらの変化があれば入り直して確かめてみる事が重要との事でした。

という事で今後はウィードの状況次第でドンドン釣り方も食わせ方も変わってきますし、ある程度ウィードが減ると浚渫や沈み物など地形変化やストラクチャーの釣りも良くなってきそうなので、楽しみは尽きません!

2017,09,07, Thu 10:15
etc.
  PAGETOP