この一週間も強風予報の日が多く、ガイドのキャンセルも目立った一週間でした。琵琶湖の状況に関しては雨と雪解けの流入により水位が若干増えた影響で瀬田川洗堰の放流量も15t〜50t〜70tと増加。それに伴い水温も更に下がって南湖南エリアでは5度台も見られるなど、概ね最低水温となりました。

釣果に関しては南湖は引き続きメタルバイブが主流で、28日の杉村プロガイドではゲストさんに63.5cm、26日の三宅プロガイドでは50upが10本以上、他にも50upが複数釣れていました。またシャッドのドラッギングも好調で、28日の下野プロガイドではゲストさんに57cmも出ています。ただその釣りでも頻繁にバイトがあるわけでは無く、1日やりきって数回のチャンスをものに出来るか?が釣果の分かれ目。

北湖に関しては荒れた日が多く釣果情報が乏しいですが、ビッグベイト、ミノー、メタルバイブ、スイムジグなどで単発ながら良いサイズも出ています。またマンメイドストラクチャー系の釣りではネコリグ、ダウンショット、ジグヘッドなどライトリグも釣れています。

例年だと1月中旬前後に最低水温となる事が多い南湖ですが、今年は2〜3週間早く最低水温に近づいた感じがします。春はウィードの成長が遅く、梅雨入り前後で例年に比べて1ヶ月近く遅い・・・という事もあったりで今年はそんな年だったのかもしれません。例年と言ってもたかだか10年〜20年程度のスパンなので、それより前はもっと早く真冬が来てたかもしれないし、そもそも20年前は今のように大量にウィードが生えていなかった時代。長い目で見ると今後も琵琶湖はドンドン変化していくのだと思います。

年内の【琵琶湖、この一週間の傾向】は本日で終了となります。

2017,12,29, Fri 09:46
釣果情報
  PAGETOP