今回が2018年最後の【琵琶湖、この一週間の傾向】となります。今週はようやくこの時期らしい寒波が入り、28日は琵琶湖南部の平地でも初雪が降りました。その影響で水温は先週に比べて1〜2度ほど下がったエリアが増えてきました。瀬田川洗堰の放流量は29日朝の時点で84tですが、雪解けの水が流入している事から水位はプラスマイナス2cm程度を上下して29日9時でマイナス44cmとなっています。

今週前半はクリアアップが進んだ影響もあって巻物ではメタルバイブ、シャッド、ミノーの釣果が目立ちました。特にメタルバイブでの釣果が増えており、メタルバイブが効く状況になってきたというのもありますが、使う人が増えて結果的に釣れている情報がSNS等で上がり、使う人が増えて釣れる・・・という一連の流れかと思います。

今年は夏の台風連発以降、早い時期からウィードが少なくなったためそれまでウィードを主体としていた釣りをしていたアングラーにとっては例年にないぐらい苦戦された方も多かったですが、ようやく季節感と釣果が合ってきたように感じます。年末年始にかけてもこの時期の定番の釣りでもあるメタルバイブ、ミノー、アラバマ系、ボトムではジグ、ネコリグなどのライトリグの釣りが主体になってくると思われます。



2018,12,29, Sat 09:26
釣果情報
  PAGETOP