この一週間の琵琶湖も強風の日が多く出艇を中止にされたガイドさんも多くいました。さらにまとまった雨が降った日もあった事から水位は今日12日の10時30分時点でプラス4cm、先週に比べて5cm程度増えています。濁りも強風時の風下側や雨後の流入河川では一定の濁りは発生するものの、放流量がある程度あるので濁ってもすぐにクリアアップするという状況です。今日12日午前での放流量は40tです。


南湖の釣果に関しては引き続き下物浚渫エリアが一番人気、他は西岸の各ミオ筋や魚礁・沈船などの沈み物での釣果が目立ちますが、場所によってはウィードの新芽が生え始めている所もあり、そういう場所や隣接するハードボトムでも釣れています。ただやはり現状のウィードがほぼ無い状態では地形変化やマンメイドストラクチャー絡みの方が圧倒的に優勢である事は変わりません。

ルアー的にはボトムの釣りではラバージグ、テキサス、フリーリグ、ネコリグなどのライトリグ、巻物はボトム〜中層でのミドスト、スイムジグ、アラバマ系、濁りがあるスポットでのクランクなどです。下物浚渫エリアに関しては日によってハンプの上が良かったりブレイク下の深い側が良かったりとムラがありますが、魚のストック量としてはかなり多いようなので、あとはタイミング次第という状況のようです。

4月中旬になり気持ち的には春を意識してしまいますが、先週からの寒の戻りや連日の強風の影響で水温上昇が遅く、日中に少し上がっても夜に冷えて戻るの繰り返しです。ただ最低水温は確実に上がってきてるので今後に期待です。来週は週の後半から大潮になります。



2019,04,12, Fri 14:11
釣果情報
  PAGETOP