この一週間の琵琶湖は良い天気の日があったり激しい雨が降ったり強風が吹いたりと比較的状況変化の多い一週間でした。琵琶湖の水位は一時的に増えましたが、9月1日からの基準水位マイナス30cmも考慮してか?瀬田川洗堰の放流量は300tをキープしているため、それほど大きな水位変化とはなりませんでした。今日25日11時30分現在の水位はマイナス13cm、洗堰放流量は300t。

今週釣果的に一番話題となったのは南湖ディープホール南壁周辺でのボイル祭りでした。これは推測ですが放流量300tが続いている影響で流れの速い状況が続き、ベイトフィッシュが南に流されて(移動して)南壁に当たりレンジが上ずったベイトフィッシュをバスが捕食するという状態が続いていました。日によってボイルが多いスポットは変わりますが、概ね南壁のブレイク周辺からピークでは水深10m以上あるディープホールの深い側でもボイルが発生していました。

釣り方としては、いわゆるI字系と呼ばれるノーシンカーワームやプラグの水面直下巻きが中心でボイルめがけてキャストしてゆっくり巻いてくるという釣りですが、タイミング的にボイルが無い時は同じリグをゆっくり沈めて少し深めのレンジで食わせるという使い分けで釣れていました。エリアのポテンシャルとしては300t放流が続いている間はまだまだ釣れ続くとは思いますが、さすがに一週間以上連日多くのアングラーが釣りをしているためプレッシャーもかなり高くなっており、日によってはボイルが少なかったりルアーの種類、サイズ、アクションで釣果に大きく差が出たりと状況は日々落ち着く方向へ変わっているようです。

そんな中、船団での釣りを避けたいアングラーは比較的ボートの少ない他エリアでディープホール南壁と同じ条件のスポットがないか?南湖を走りまわっています。ディープホールほど爆発力はないにしても必ず良い条件のスポットはあるはず。仮にバスの密度が少なくても1艇で釣りができれば結果的に釣果が増える可能性もあります。確実にバスはいるけどボートも多いスポットで工夫して釣りをするか?独り占めできるパラダイスを求めてスポットを探すか?どっちも楽しそう。南湖ではここ数日、ディープホール以外でもボイルが増えてきたエリアがあります。あえてここでは書きませんのぜひ探してみて下さい。



2019,08,25, Sun 11:42
釣果情報
琵琶湖のあれこれを調べてみました。
ウィキペディアをはじめ様々なサイトから情報をピックアップしているため正確なものから諸説あるもの、微妙な数値の違いはありますのでご了承ください。


琵琶湖が形成された時期
400〜600万年前(世界で4番目に古い湖)
40〜100万年前に現在の位置近くになる


琵琶湖の名前
約320年前に「琵琶湖」で定着
それまでは、鳰(にお)の海、近淡海、近江の海など


琵琶湖の面積
670平方キロメートル(滋賀県の約1/6)
南湖 約58平方キロメートル
北湖 約610平方キロメートル


琵琶湖の周囲長
約241キロメートル


琵琶湖の最大水深
約104メートル


琵琶湖の平均水深
南湖 約4メートル
北湖 約41メートル


琵琶湖の標高
海抜約85メートル


琵琶湖への流入河川
119本(一級河川)


琵琶湖からの流出河川
瀬田川1本のみ
※河川以外では琵琶湖疏水


その他

1000年に1メートルのペースで沈降している
1年間に数センチメートルのペースで北に移動中
湖底遺跡が100以上存在する
日本の淡水湖の島で人が住んでいるのは琵琶湖(沖島)だけ



2019,08,21, Wed 09:14
etc.
台風10号の大雨の影響で琵琶湖の水位はどんどん増えてましたが、
マイナス9cmで小康状態になっています。

http://www1.river.go.jp/cgi-bin/DspWaterData.exe?KIND=9&ID=306041286603280


8/17 午前10時マイナス9cm
8/15 午前10時マイナス28cm


今後は減水傾向に転じるんでしょうか???

2019,08,17, Sat 10:04
気象情報
この一週間の琵琶湖、週明けは普段と変わらずでしたが台風10号影響により状況はかなり変わりました。琵琶湖の水位は今日17日9時の時点でマイナス9cm、瀬田川洗堰の放流量は250t、台風前から約20cmほど増水しました。各流入河川からは濁流が本湖に入り、特に南湖西岸は台風の東風強風の影響もあって広範囲で濁りが入っているようです。また水温は台風前に比べて各エリアで2〜2.5度ほど低下しています。ただ、たまらんばい永野ガイドの情報によると赤野井、木浜、堅田周辺に関してはエビモやカナダモなどのウィードは特に飛ばされる事もなく、見た目は台風前とほとんど変わらず、ベイトフィッシュのポジションも変わっていないようです。台風前からの変化は【増水】【濁り】【流れ】【水温低下】など、この変化が釣果にどう影響してくるでしょうか。

現在、南湖西岸の浮御堂前など一部のエリアで流木やゴミなどの漂流物があるようです。今後は風向きや湖流の影響で広範囲に広がる可能性がありますので、ボートの航行はくれぐれもご注意下さい。



2019,08,17, Sat 09:03
釣果情報
今週の琵琶湖は連日最高気温が35度前後の猛暑日〜真夏日となっています。週の始めに瀬田川洗堰の放流量が15tまで下がった事で流れが弱まり表層水温は南湖のほぼ全域で30度を超えてきました。水位が上がるようなまとまった雨がしばらく降っておらず、特に強風で大荒れになる事もなかったため南湖の透明度はかなり高く、ボディウォーターはもちろん西岸〜東岸インサイドでもクリアアップしています。琵琶湖の水位は9日10時でマイナス22cm、まとまった雨が降らなければ放流量15tのままで更に減水が進みそうです。


南湖の釣果に関しては皆さんご存知の通り難しい状況が続いており、特に今週放流量が15tに下がってからはバイト激減、平均すると1人1日釣りをして0〜3バイト程度となっています。平均的に釣れていた昨年の同時期に比べてバスの数が半分や1/3など極端に減っている事は考えにくいので、バスは必ずどこかにいます。ただ各ガイドさんをはじめアングラーさんに話を聞いていると傾向として今年は

■バスの動きが早く1ヶ所に留まらない(回遊性の高いベイトフィッシュに依存)
■ベイトフィッシュ(ギル以外)が豊富でエサに困らない
■水の透明度が高い期間が長くプレッシャーが掛かりやすい
■ウィードが少ない
■ブルーギルが少ない
■エビモに付くバスが極端に少ない

などをよく聞きます。

なかなか難しい状況ではありますが、比較的釣果の話を聞くのは西岸を中心としたコカナダモエリア。高水温期になってきたのでチャンネルラインに隣接するエリアや岬周辺など水通しが良い場所に生えるコカナダモエリアで、その日の状況に応じてウィードの上はミノーやノーシンカー、軽いジグ、中はパンチショットやジグなどのローテーション。またはビッグベイトなど他のアングラーがあまり投げていないボリュームのあるルアーをあえて使うのも面白いかもしれません。正直今の南湖はビッグベイトでもライトリグでもバイトの数はほとんど変わらない状況です。こんな時こそ「自分が一番釣りたいルアー・釣れたら楽しいルアー」で押し切ってみるのもありかも。

いよいよ明日からお盆の大型連休がスタートします。湖上にはアングラーの他にもマリンレジャーの楽しむ方が多くこられます。各自がルール・マナーを守り譲り合いの気持ちをもって事故やトラブルのない楽しい連休をお過ごしください。また熱中症など体調管理には十分注意して、少しでも体調に不安を感じたら無理をせず早め早めの行動をとりましょう。



2019,08,09, Fri 11:08
釣果情報