この一週間の琵琶湖、一番の出来事と言えば台風21号の通過。4日火曜日のお昼前から爆風となり、4日夜まで吹き続きました。東寄りの風だった事もあり西岸の各地で大量にウィードが押し寄せたり各マリーナでも被害が出ました。

琵琶湖の状況としては水曜日以降は南湖全域で濁りが入り、水温も台風前に比べて2〜2.5度ほど下がりました。ただ今回の台風は雨量がそれほど多くなかった事もあり、水位は台風接近直前の4日正午でマイナス30cm、台風明け5日の正午でマイナス18cmと、12cmの上昇にとどまりました。台風接近に伴い瀬田川洗堰の放流量が事前に300まで上がっていたのも影響していたと思います。今日8日の時点でも放流量は300と変わらず流しているため、南湖の濁りは西岸のチャンネルラインを中心に回復傾向です。

釣果に関しては台風前に厳しい状況から一転、バイト数が増えて40cm以下のサイズが釣れ始めています。釣り方としては引き続きチャターやスピナーベイトなどの巻物に加え、ノーシンカー表層引き、ポッパー・バズベイトなどのトップでもバイトが出るようになりました。これが季節の進行なのか?一時的なものなのか?は不明ですが、明らかに釣りやすくなっているのは間違いありません。

今回の台風で琵琶湖の漁具「エリ」の倒壊があり水没して見えなくなっている所もあるようです。ボートの航行にはくれぐれもご注意を。



2018,09,08, Sat 14:14
釣果情報
この一週間の琵琶湖は残暑厳しい日があるものの天候の大きな変化は無く、雨も夕立程度でまとまった雨量にはなりませんでした。水位の変動は数センチ程度にとどまり、今日31日の朝8時現在でマイナス30cmとなっています。

南湖の状況的には水温は若干下降傾向にあるものの、引き続きアオコ等の濁りが岸寄りのプロテクトされたような一部のスポットを除き、ほぼ全域に入っています。また場所によっては先週の台風で飛ばされたウィードが水面に浮いている所もあり、巻物などがやりにくいエリアもあります。ただ台風に備えてか?放流量が31日朝の時点で120tまで増えているので、この流れで一部のエリアは濁りが解消される可能性もあります。

釣果に関しても先週と大きく変わらず厳しい状況・・・厳しいというか、これが今年の普通なのかもしれません。濁り・ウィードの少なさなどの要因から条件の良いスポットにバスが集まり、そういうスポットをうまく探せた人はまとまった釣果を出しているアングラーもいますが、平均的には1人で0〜3本という状況です。ルアーに関しては巻物ではチャターベイト、スピナーベイト、ボトム系ではテキサス、ジグ、ライトリグ各種、ノーシンカージャークなどが釣れています。



2018,08,31, Fri 10:44
釣果情報
この一週間、前半風が強い日はあったものの特に先週から大きな変化は無し。後半は台風20号の通過に伴い、23日の午後から今日24日の朝にかけて非常に強い風が吹き、場所によっては雨量もかなり多くなりました。昨日23日朝の水位はマイナス41cm、台風通過後の24日9時30分現在の水はマイナス31cmと、今のところ10cm回復しています。ただ今回の台風は琵琶湖周辺に関しては雨よりも風の方が強く、劇的に水位が回復する事はなさそうです。


釣果の方はこの数週間とあまり変わらず巻物に関してはチャター、スピナーベイト、クランクベイト。撃ち系の釣りではシャローのマットカバーやカナダモの濃いスポットでの釣りで良いサイズが出ていますが、平均的には0〜3匹と引き続き難しいです。ただ今回の台風で水が掻き回されて水位も増えたので、もしかすると大きな状況変化があるかもしれません。



2018,08,24, Fri 10:03
釣果情報
2018/08/24(金)
[5:15]曇り/強風
気温 25/大潮
水温 瀬田川 27.8
琵琶湖大橋 26.9
安曇川沖 24.1
5点平均水位 -35
(国交省データ)


おはようございます。
台風20号通過に伴う大雨で琵琶湖の水位は6cmほど増えてマイナス35cmになりました。水温は各所で2〜3度ほど低下しているようです。

まだ琵琶湖周辺では大きな被害は確認されていませんが、しばらくは注意が必要ですね。





2018,08,24, Fri 05:11
気象情報
この一週間は雷雨や夕立があったものの、琵琶湖全体としてはそれほどまとまった雨量にはならず、引き続き減水が進んでいます。先週この記事を書いた金曜日朝の水位はマイナス30cm、一週間後の今朝の水位はマイナス35cmと更に5cm下がりました。濁りに関しては北湖は一部のエリアを除いて回復傾向で、かなりクリアアップが進んでいます。

南湖も北エリアは比較的クリアな所があるものの南エリアに行くほど濁りが強く、前日の風向きなどで濁りの広がり方が変わります。昨日16日は午後から南寄りの強風、今日17日は朝から北寄りの強風が吹いているので、濁りの状況も変わってきそうです。

釣果の傾向も先週から大きな変化は無く、南湖では浚渫や地形変化などを絡めたミドル〜ディープで単発ながら良いサイズが出たり、2〜2.5mラインのカナダモエリアではチャターやスピナーベイトなど、3〜4mラインではマグナムクランクなど巻物でも釣れていますが、どちらも単発傾向です。平均的な釣果も1人で1日釣りをして0本から3本ほど。例年この時期なら普通の釣りをしていればあす程度反応はあって、サイズアップを狙うにはどうすれば良いか?と悩む事はあってもノーフィッシュで悩む事はほぼ無いといってもいいぐらいなので、この夏の難しさは特殊な状況だと思います。

ただ今後この状況が続くとは考えにくく、たまたま今年がこういう年回りになっただけだと思いますので、今年の残りの夏は難易度の高い琵琶湖でいかに納得の1本を釣るか?という真冬の釣りのような楽しみ方をした方が良いかもしれません 笑。

ただ釣る人は釣っています。ホント凄い!



2018,08,17, Fri 11:00
釣果情報
  PAGETOP  BACK>>